長尾・成田両選手が東奥日報10月3日朝刊紙面にて紹介されました

国体山岳競技参加の長尾基史さんと成田純也さんの国体での奮闘ぶりが紹介されました。

結果はボルダリング33位、リード34位と予選敗退となりましたが、東北勢ではどちらも3位という結果となりました。

スポーツクライミングは2020年、東京オリンピック正式種目となり、注目度の高い競技です。

このように、競技の内容まで、メディアに紹介されるのは、フリークライミングの普及に寄与する事だと考えます。

青森県のクライマーが、もっともっと強くなれる環境を作っていけるよう、協会も頑張ります。

長尾選手、成田選手、本当にお疲れ様でした。

青森フリークライミング協会

青森のクライミング環境を熱くしよう!

0コメント

  • 1000 / 1000